平成28年度 明石市立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 500 117 70 120 284 453 1114 1742 1383 303
説明
当院は地域医療支援病院として、病院理念に基づき近隣の医療機関からの専門診療のご依頼や救急隊搬送要請を積極的にお受入れしています。
また、当院は、急性期の治療が必要な患者様をお受入れする「急性期病棟」と、急性期治療後の患者様や高齢者慢性疾患の急性増悪した患者様をお受入れする「地域包括ケア病棟」を有しております。急性期病棟での治療後いましばらく入院療養が必要な患者さんは、地域包括ケア病棟へ転棟の上、担当看護師・医療相談員・理学療法士等の他職種スタッフが、患者さんのお住いの地域のかかりつけ医やケアマネージャーさん等と連携をして、退院または転院に向けた支援を積極的におこなっています。
年代別退院患者数をみますと、70才以上の割合が56%であり、5年前より約10%程増えており、高齢化が進んでいます。
また、当院では小児科を設置しておりますので、8%は小児入院医療をお受入れしています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 11.89 12.84 3.70 72.81
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 20.46 21.25 26.92 83.96
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 25 19.72 14.77 4.00 68.52
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 23 58.17 41.96 0.00 66.91
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 19 15.26 12.43 5.26 67.58
説明
内科では、高齢者の肺炎による緊急入院が必要な患者さんを最も多くお受入れしています。(尚、肺炎に係る診断群分類が細分化されているため上記表には少なく計上されていますので、別表の『成人市中肺炎の重症度別患者数等』も併せてご覧ください。)その外には、慢性腎臓病の透析治療を含めた症状改善目的や精密検査の入院、急性白血病や骨髄異形成症候群等の血液疾患、糖尿病の教育入院等を多くお受入れしています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 190 4.89 6.42 0.53 2.52
030270xxxxxxxx 上気道炎 67 3.64 4.83 2.99 2.27
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 49 3.35 5.50 0.00 3.69
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 39 4.90 6.02 0.00 2.97
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 5.61 5.79 3.57 6.54
説明
小児科では、主に感染症で緊急入院が必要な患者さんをお受入れしています。
約7割は近隣の診療所・クリニック等の医療機関からのご依頼であり、
症例数の内訳は喘息疾患、上気道炎、ウイルス性腸炎、急性気管支炎、肺炎の順に多いです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 78 7.73 7.61 0.00 63.24
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 36 23.56 15.92 2.77 74.14
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 悪性腫瘍手術等 31 24.42 17.98 0.00 70.00
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 26 10.15 9.91 0.00 38.35
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 16 28.59 17.65 0.00 71.41
説明
外科では一般外科・乳腺外科等の他診療科と連携し、幅広い領域の外科手術が必要な患者さんをお受入れしています。また、当院では体への負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。症例数の内訳で最も多いのは胆のう炎に対する腹腔鏡下胆のう摘出術症例、次いで結腸の悪性腫瘍切除術症例、直腸の悪性腫瘍手術症例です。結腸の悪性腫瘍は全国的にも増加しており、当院でも年々増加傾向にあります。また、虫垂炎の虫垂切除術症例のような緊急手術が必要な症例や、悪性腫瘍手術後の補助化学療法にも力を入れております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 134 40.54 27.63 58.96 81.43
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 41.26 26.26 0.00 72.21
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 33 23.39 23.61 60.61 82.58
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 23 33.78 24.42 0.00 68.83
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 22 13.73 5.49 4.55 60.50
説明
整形外科では、高齢者の転倒等による大腿骨骨折での緊急入院症例が最も多くお受入れしています。次いで、膝関節症の人工関節置換術症例が多く、3番目に多いのは股関節症の人工関節置換術症例です。当院では※地域包括ケア病棟を開設しておりますので、急性期治療後もリハビリ等で入院継続が必要な場合は地域包括ケア病棟へ移っていただき療養の継続をしていただくことができます。
※地域包括ケア病棟とは:手術・検査・治療が終了した後も、入院療養を継続し在宅復帰に向けて準備を整えていただくための病棟です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 23.25 9.87 10.00 80.45
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 13.39 7.52 27.78 71.67
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 5.00 7.70 0.00 78.80
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2
説明
脳神経外科では、約9割が緊急で入院が必要な患者さんをお受入れしており、半数は救急隊による搬送受入です。当科が最も多くお受入れしている疾患は脳梗塞ですが、脳梗塞に係る診断群分類が細分化されているため上記表には少なく計上されています。別表の『脳梗塞のICD10別患者数等』も併せてご覧ください。
脳梗塞に次いで多いのは頭蓋・頭蓋内損傷に対する手術療法、保存的療法、水頭症、てんかんです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 181 9.01 9.44 0.00 70.09
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 26 3.04 5.75 0.00 67.27
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 16 5.88 6.29 0.00 42.75
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 11 9.00 10.05 0.00 45.91
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 11 2.09 3.08 0.00 44.82
説明
産婦人科では、生殖器脱出症の症例が最も多くお受入れしており、兵庫県下一円の医療機関よりご依頼いただいております。
次いで多いのは下部尿路疾患(尿道スリング)の手術症例、子宮の良性腫瘍に対する手術療法です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 14 10.14 10.53 0.00 57.79
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 14 13.14 9.15 0.00 70.43
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし
説明
最も多い症例は白内障の手術症例(***症例)ですが、短期滞在手術に該当しますので、公表のルールにより上記表には計上されていません。
次いで多いのが網膜剥離、緑内障、糖尿病性増殖性網膜症、硝子体疾患、黄斑、後極変性に対する手術療法です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり
説明
平成29年1月より耳鼻咽喉科の入院治療が再開致しました。その為症例数は10件未満となっています。公表のルールにより-(ハイフン)で示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし
080020xxxxxxxx 帯状疱疹
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病あり
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2なし
説明
皮膚科は外来による専門診療を主としておりますが、水泡症、急性膿皮症、帯状疱疹等の重症症例は入院治療を行っています。
公表のルールにて10件未満は-(ハイフン)で示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 120 6.78 5.83 1.67 63.02
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 55 7.62 7.44 1.82 74.00
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 32 6.66 11.71 0.00 71.47
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 28 10.86 12.43 10.71 72.07
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 27 7.78 11.72 3.70 69.70
説明
最も多い症例は尿管結石や腎結石等の上部尿路疾患の経尿道的尿路結石除去術症例をお受入れしています。
次いで多いのは膀胱の悪性腫瘍や腎盂・尿管の悪性腫瘍に対する手術療法です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 105 19.08 17.95 3.81 80.20
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 4.51 4.71 2.63 70.54
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 2.93 3.06 0.00 70.67
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 13.38 13.02 0.00 69.65
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 23 21.43 19.86 21.43 82.57
説明
循環器内科では、約8割が緊急で入院が必要な患者様をお受入れしており、うち6割は救急隊による搬送受入です。
症例数が最も多いのは高齢者のうっけつ性心不全症例や急性心筋梗塞の症例です。
次いで多いのは、狭心症等の慢性虚血性心疾患に対する血管内カテーテル治療や予定検査入院です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 80 11.04 11.06 3.75 77.68
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 37 1.97 3.00 0.00 72.38
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 31 17.52 11.74 0.00 75.84
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 27 9.85 9.02 0.00 78.26
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 23 7.87 7.38 0.00 70.35
説明
消化器内科で最も多いのは大腸ポリープのポリープ切除術症例(***症例)ですが、短期滞在手術に該当しますので、公表のルールにより上記表には計上されていません。次いで多いのが、胆管結石の内視鏡的手術症例、肝・肝内胆管の悪性腫瘍の血管内治療症例、胃の悪性腫瘍の内視鏡的治療症例です。
救急総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
060310xx99xxxx 肝膿瘍(細菌性・寄生虫性疾患を含む。) 手術なし
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし
説明
公表のルールにて10件未満は-(ハイフン)で示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 22 7 1 18 17 4 1 7
大腸癌 9 28 28 12 12 13 1 7
乳癌 4 7 5 0 1 14 1 7
肺癌
肝癌 10 4 12 3 0 36 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんの入院治療を要した患者さんの数を、初発および再発に分けて集計しています。 UICC TNM分類とは①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。大腸がん、胃がんに対する手術は体に負担の少ない内視鏡的、腹腔鏡下手術だけでなく、高度進行がんや超高齢者に対する手術療法も行っています。肝がんに対しては、造影超音波、CT,MRI,腫瘍生検、腹部血管造影などの検査により、診断を行い、肝動注塞栓療法やエタノール注入療法やラジオ波焼灼療法などの経皮的治療も積極的に行っております。 肺がんは10件未満ですので公表のルールにて-(ハイフン)で示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.38 50.94
中等症 75 17.19 78.69
重症 21 20.90 81.52
超重症 10 23.70 84.90
不明
20歳以上の市中肺炎患者さんについて集計しています。市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。ウイルス性の肺炎や誤嚥性肺炎は除かれます。軽症の場合は基本は外来治療ですが、状態によっては1週間以上の入院が必要となります。年齢の分類では男性は70歳以上、女性は75歳以上であれば中等症以上となります。その為、重症度が増すにつれ平均年齢も高齢となり、また入院日数についても長期化しています。ショックを伴う超重症になるとICU(集中治療室)での治療が必要となる場合もあります。当院では総合内科において夜間休日でも対応しています。治療は急性呼吸不全の管理と薬剤(抗生剤など)の投与を中心とし、様々な病態に応じた呼吸管理を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他 11 6.73 64.36 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 76 34.91 79.00 43.37
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞は主に脳神経外科にて治療を行っています。当院では血栓溶解療法(t-PA治療)など24時間体制で速やかな診断と治療を開始しています。その後全身の合併症の検索と危険因子の検討を行います。そのため、発症後3日以内の急性期脳梗塞の症例が7割を超えています。また早期からのリハビリテーションを開始し、近隣の回復期リハビリテーション病院と連携をとりシームレスな慢性期治療への移行をすすめています。公表のルールにて10件未満は-(ハイフン)で示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 16 21.00 33.37 37.50 75.87
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 1.01 6.04 1.30 63.14
K6335 鼠径ヘルニア手術 61 0.31 2.26 0.00 73.21
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27 2.07 6.33 0.00 60.61
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 1.00 6.33 0.00 60.61
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 10 1.10 8.60 0.00 69.70
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 98 5.41 37.07 60.20 81.54
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 61 7.36 34.57 54.10 81.16
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 60 1.75 36.43 0.00 71.13
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 34 3.56 22.91 5.88 67.12
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 30 5.47 50.27 13.33 63.20
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 1.81 20.94 25.00 80.44
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 140 1.06 7.26 0.00 69.72
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 29 1.17 7.24 0.00 70.28
K8232 尿失禁手術(その他) 26 0.08 1.96 0.00 67.27
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 16 0.94 4.75 0.00 51.94
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 16 0.13 1.00 0.00 45.00
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 538 0.99 2.00 0.00 75.20
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 30 0.97 7.33 0.00 65.87
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 10 1.00 11.40 0.00 69.40
K279 硝子体切除術
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K159 顔面神経減圧手術(乳様突起経由)
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0134 分層植皮術(200cm2以上)
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 62 2.73 3.21 0.00 72.05
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 36 0.00 21.44 11.11 70.33
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 26 4.81 9.38 3.85 79.15
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.10 12.15 5.00 71.35
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 19 1.95 3.00 5.26 72.74
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 302 0.14 1.09 0.00 69.97
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 63 0.97 15.49 4.76 80.78
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 34 1.76 9.24 2.94 74.62
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 33 0.79 6.45 3.03 70.06
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 31 1.55 10.87 0.00 75.94
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 16 0.26
180010 敗血症 同一 19 0.31
異なる 47 0.77
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.18
異なる 16 0.26
更新履歴
2017/09/29
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報」を公開しました。