MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

#

理事長・院長ご挨拶

理事長ご挨拶

#

市民のための市民病院として

理事長 藤本 莊太郎

当院は、昭和25年に市民病院として開院し、市民の皆様の生命と健康を守り、信頼される病院を目指して時代のニーズに即した診療科の増設や 再編などにより、地域中核病院としての病院機能の充実に努めてまいりました。
平成23年10月に“地方独立行政法人明石市立市民病院”として再出発し、新たな診療体制と経営基盤の改善に取り組んでまいりました。
この間、平成25年11月には地域医療支援病院となり地域中核病院としての役割を担うと同時に、各専門診療科の医師の増員や診療科の増設などを積極的に進めております。
平成29年4月からは、総合内科、血液内科、腎臓内科、糖尿病内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、心療内科・精神科、小児科、外科、一般外科・乳腺外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急診療科、病理診断科、健診科の24診療科からなる診療体制で総合病院機能を充実させました。
急性期医療におきましては、 総合内科と救急診療科が前面に立って各専門診療科がチーム医療でバックアップして、救急応需体制を強化しました。平成28年度の年間救急車搬入患者数は2,700人を超えていますが、平成29年度は外科系医師が増員しましたので、さらに受け入れ体制を強化しています。
さて、国の医療政策はこの数年間で劇的に変化してまいりました。2025年には戦後団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となり、世界に類を見ない超高齢化社会が到来します。国はそれに備えた施策として、介護と医療を一体化することにより社会福祉、地域医療の在り方を根本から変革しようとしています。
病院・病床の機能を高度急性期、一般急性期、回復期、慢性期に分化することにより、急性期→回復期→慢性期→ 在宅へと地域における入院医療の効率的な道筋を整備しようというものです。当院は、“市民のための市民病院”ですのでこの国の施策に則って 急性期医療に偏らないで、回復期医療にも重点を置いて慢性期病院や在宅医療ともしっかりとした連携を図ってまいります。
平成26年10月よりひとつの病棟を「地域包括ケア病棟」として開設いたしましたが、急性期から脱した患者様が在宅復帰へ向けて十分な退院調整を行い、かかりつけ医との連携のもとで安心して退院していただくように運用しております。
今後は、在宅患者様とかかりつけ医の後方支援病院としても機能できるように体制を強化してまいりたいと考えています。
医療変革の時代ではありますが、常に市民の皆様に患者中心の安全で高度な医療を提供できるように努力いたしますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

院長ご挨拶

#

外科スタッフ増員による救急体制の確立
・形成外科外来新設・乳腺外来拡充など
新しい外科の診療体制を紹介します

院長 阪倉 長平

明石市立市民病院は、市民の皆様のお陰で独立行政法人化7年目の春を迎えることができました。病院の基本方針にあるように、思いやりを持って患者様に優しい医療を展開するとともに、働く一人ひとりが明るく勤務できるように、これまで以上に患者様と職員を大切にする病院でありたいと考えます。本年1月からは耳鼻咽喉科常勤医着任に伴う入院診療の再開、総合内科の新設による内科疾患の受け入れ体制の強化により、1月〜3月上旬までは病床稼働100%を前後しております。また、若い医師の確保には研修や専門医制度への連携がより一層整備されること、さらに大学病院などとの連携で医師の人事交流が円滑に行われることが重要です。本年度は新任医師10名(新研修医2名を含む)を迎えることができました。 これにともなって様々な診療科において入院診療・外来診療をさらに充実させつつあります。 さらに当院では本年度より顧客満足度向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現するための 国際規格であるISO9001の導入をすすめ、医療の質の改善と患者さまの満足度の向上をすすめてまいります。
さて外科の診療体制ですが4月から若手新任医師3名と形成外科非常勤1名(卒後12年目の形成外科専門医)の補充を行いました。
これにより外科は現在の常勤医6名、非常勤3名の体制で消化器・乳腺・形成外科・血管・腹部救急疾患など幅広い疾患に対する診療をおこなっています。その特徴は以下の通りです。
外科系救急体制の充実 これまでスタッフ不足でご迷惑をお掛けしていた外科系の救急疾患(虫垂炎や消化管穿孔など)に対する救急対応もこの4月からの外科スタッフ増員により、ようやく切れ目無く24時間365日すべてに対応ができるようになりました。
併存疾患をお持ちの患者様に対する安全な消化器がん手術 最近の高齢化社会においては様々な疾患(病気)、具体的には心筋梗塞や脳梗塞や腎不全などを有する消化器癌の患者様が増えています。
我々はすべての診療科を有する総合病院の強みを生かして、癌専門病院では対応が困難な併存疾患を有するリスクの高い癌手術を年間約100例、その多くを腹腔鏡手術にて安全に、全国平均よりも有意に低い合併症率(縫合不全率1.0-1.5%程度)にておこなっています。
形成外科外来の新設 4月より形成外科外来が新設され、体表のきずや変形を、確実に・きれいになおすことを念頭に治療にあたっています。
主に以下の疾患を扱っています。
・皮膚のけが・やけど・なかなか治らない傷
・眼瞼下垂(中高年の方に多いです)
・生まれつきの病気(くちびる・耳・指などの変形)
・皮膚がん
・がん手術の後の修復(乳がん・口腔がんなどの術後)
・傷あと(ケロイド・瘢痕など)
・あざ・しみのレーザー治療
乳腺外科の拡充 近年増加している乳癌に対応するために当院では2人目の乳腺外科専門医が着任しました。
これにより乳腺外科外来が週5回となり、より多くの患者様に対応できるものと考えております。
当院はこれまで明石市民の皆様、明石市行政の皆様、そして明石医師会の先生方のご支援のお陰で運営されてきました。
改めて御礼申し上げるとともに、本年度も医療の啓発的な話題を数多く提供できるように、市民向けの公開講座などを企画してまいりますので今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
078-581-1013