MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来担当一覧表
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
回復期病棟のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報誌特集号
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成31年度分】
入札結果【平成30年度分】
入札結果【平成29年度分】
看護部サイト
訪問看護ステーション
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

理事長・院長ご挨拶アイコン

理事長・院長ご挨拶

理事長ご挨拶

理事長

市民のための市民病院として

理事長 藤本 莊太郎

当院は、昭和25年に市民病院として開院し、市民の皆様の生命と健康を守り、信頼される病院を目指して時代のニーズに即した診療科の増設や再編などにより、地域中核病院としての病院機能の充実に努めてまいりました。
平成23年10月に“地方独立行政法人明石市立市民病院”として再出発し、新たな診療体制と経営基盤の改善に取り組んでまいりました。
この間、平成25年11月には地域医療支援病院となり地域中核病院としての役割を担うと同時に、各専門診療科の医師の増員や診療科の増設などを積極的に進めております。
平成29年4月からは、総合内科、血液内科、腎臓内科、糖尿病内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、心療内科・精神科、小児科、外科、一般外科・乳腺外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急診療科、病理診断科、健診科の24診療科からなる診療体制で総合病院機能を充実させました。
急性期医療におきましては、総合内科と救急診療科が前面に立って各専門診療科がチーム医療でバックアップして、救急応需体制を強化しました。平成28年度の年間救急車搬入患者数は2,700人を超えていますが、平成29年度は外科系医師が増員しましたので、さらに受け入れ体制を強化しています。
さて、国の医療政策はこの数年間で劇的に変化してまいりました。2025年には戦後団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となり、世界に類を見ない超高齢化社会が到来します。国はそれに備えた施策として、介護と医療を一体化することにより社会福祉、地域医療の在り方を根本から変革しようとしています。
病院・病床の機能を高度急性期、一般急性期、回復期、慢性期に分化することにより、急性期→回復期→慢性期→在宅へと地域における入院医療の効率的な道筋を整備しようというものです。当院は、“市民のための市民病院”ですのでこの国の施策に則って急性期医療に偏らないで、回復期医療にも重点を置いて慢性期病院や在宅医療ともしっかりとした連携を図ってまいります。
平成26年10月よりひとつの病棟を「地域包括ケア病棟」として開設いたしましたが、急性期から脱した患者様が在宅復帰へ向けて十分な退院調整を行い、かかりつけ医との連携のもとで安心して退院していただくように運用しております。
今後は、在宅患者様とかかりつけ医の後方支援病院としても機能できるように体制を強化してまいりたいと考えています。
医療変革の時代ではありますが、常に市民の皆様に患者中心の安全で高度な医療を提供できるように努力いたしますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

院長ご挨拶

院長

内科系・外科系スタッフ連携による救急体制の
整備とアイセンター・化学療法室新設や
入退院支援センターのリニューアルなど
新しい市民病院の診療体制を紹介します

院長 阪倉 長平

明石市立市民病院は、市民の皆様のお陰で独立行政法人化9年目の春を迎えることができました。病院の基本方針にあるように、思いやりを持って患者さんに優しい医療を展開するとともに、働く一人ひとりが明るく勤務できるように、これまで以上に患者さまと職員を大切にする病院でありたいと考えます。

病院活性化のために重要な若手医師の確保には、大学病院などとの連携で医師の人事交流が円滑に行われること、さらに研修制度や専門医制度への連携と整備が非常に重要です。2019年度は新たに研修医3名を含む14名の医師に着任をいただきました。これからも様々な診療科において人事の流動性を担保することにより入院診療・外来診療のさらなる充実を図って参ります。また当院では2018年度より顧客満足度向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現するための国際規格であるISO9001の導入と医療の質の改善と患者さまの満足度の向上をすすめてまいりましたが、ようやく2019年3月に認証をいただきました。この4月からは新たに品質管理室を設置してさらなる業務の質改善につとめてまいります。
また厚生労働省は2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。当院も訪問看護ステーションや入退院支援センター・回復期リハビリ病棟の開設など、これらに相応しい新しい病院機能を追加してまいります。
さて本年度からの新しい診療体制と重点領域について具体的に説明させていただきます。
1.救急医療体制の充実 2017年度に開設された総合内科を中心とした内科系救急対応の円滑化、さらに以前はスタッフ不足でご迷惑をお掛けしていた外科系の救急疾患(虫垂炎や消化管穿孔など)に対する救急対応に関しては2017年からは中堅・若手外科スタッフ6名体制を取りながら、内科系・外科系医師の緊密な連携することでようやく切れ目無く24時間365日すべてに救急患者さまへの対応ができるようになりました。昨年度は救急車受け入れ台数は3400台/年近くまで増加しており、本年度はさらなる増加が見込まれます。
2.アイセンター・入退院支援センターの開設・リニューアル これまで眼科では入院・外来の検査、診察のほぼすべてを外来診察室で行なっており、同時に複数患者を同室で診察することもありました。そこで眼科外来を1階から入院病棟のある3階に移動・拡張し、入院診療と外来診療を一体的に提供する「アイセンター」として再整備を図ってまいります。現段階では7月中旬ごろにオープンの予定となっております。また「入退院支援センター」をリニューアルして、入退院支援の充実を図ります。診療と支援を同時にに実施できるように、センターを外来ホール中央に移し、支援および相談機能の充実を図ります。退院支援については退院後、速やかに自宅での生活や療養に移行できるようにMSWや退院支援看護師が入院時から介入を行います。
3.回復期リハビリテーション病棟の本格稼働 脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。この回復期といわれる時期に集中的なリハビリテーションを行なうことで低下した能力を再び獲得するための病棟を回復期リハビリテーション病棟と言います。 当院では回復期対象の患者様に対して、機能の回復や日常生活で必要な動作の改善を図り、寝たきり防止と社会や家庭への復帰を目的とした、各患者様ごとのリハビリテーションプログラムに基づき、医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等が共同で集中的なリハビリテーションを提供いたします。
4.並存疾患を有する高齢者手術の拡充(外科・整形外科・泌尿器科・脳神経外科・耳鼻咽喉科など) 最近の高齢化社会においては原疾患以外に様々な疾患(病気)、具体的には心筋梗塞や脳梗塞や腎不全などを有する患者様が増えています。我々は多くの診療科を有する総合病院の強みを生かして、専門病院では対応が困難な併存疾患を有するリスクの高い消化器外科手術や整形外科手術を中心に年間約1200例以上おこなっています。
当院はこれまで明石市民の皆様、明石市行政の皆様、そして医師会ならびに近隣医療機関の先生方のご支援のお陰で運営されてきました。改めて御礼申し上げるとともに、本年度も医療の啓発的な話題を数多く提供できるように、市民向けの公開講座などを企画してまいりますので今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
078-912-2323(代)

TOPPAGE