MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

#

外科

  • #診療内容
  • #主な対象疾患
  • #地域の医療機関の皆様へ
  • #外来担当・スタッフ紹介
  • 診療内容
    #
    消化器外科
    食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、すい臓、 脾臓等の悪性疾患や良性疾患などの手術治療
    #
    一般外科
    鼠径ヘルニア、外傷、皮下、軟部腫瘤などの診断治療、手術
    #
    腹部救急外科
    消化管穿孔、急性虫垂炎、腸間膜動脈閉塞などの急性腹症に対する外科治療・手術療法
    #
    肛門外科
    痔核、痔ろうなど肛門疾患の診断治療、手術
    #
    血管外科
    閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など末梢血管疾患の診断治療、手術
    #
    呼吸器外科
    肺癌、肺良性疾患の手術治療
    #
    乳腺外科
    乳癌、乳腺良性疾患の診断治療、手術
    #
    形成外科
    体表の治りにくい傷や変形、術後の修復を確実できれいに治す治療や手術

    当科は日本外科学会認定医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設、日本乳癌学会関連施設となっています。

    地域医療と高度医療―その調和と統合を目指して

    当院の外科は、東播磨医療圏における急性期医療(がん診療や腹部救急医療など)の中核施設としての役割を維持・発展すべく、 経年的に有能な人材の確保とともに診療体制の強化を行ってきました。現在のスタッフは、外科常勤医6名と非常勤医師3名で診療に従事しています。診療は各疾患のガイドラインを遵守した安心できる治療を基本とし、消化器外科では積極的な腹腔鏡下手術により、また乳腺外科ではセンチネルリンパ節生検を導入した積極的な乳房温存術により、患者さんにとって優しい治療を提供しています。 さらにこの4月からは形成外科外来新設により乳癌術後の乳房再建や手術創部のより良い治療(整容性の高い治療)が可能となっています。
    当院は日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会の認定施設であり、1・2年次の初期研修医、3年次以降の後期研修医や、関連施設からの卒前教育実習も受け入れています。 スタッフはそれぞれの帰属学会の指導医、専門医や認定医の資格を取得しており、科学的根拠に基づいた診療を行うことを基本とし、不確かなことについては質の高い臨床試験に積極的に参加して、新たなエビデンスの発信にも心がけています。 また関連診療科との定期的な合同症例検討会や専門・認定看護師ほか関連職種が参加する多職種連携のチーム医療は、 診療レベルの向上と患者さんの満足度や医療安全の面で評価をいただいております。
    最近の高齢化社会においては様々な疾患(病気)、具体的には心筋梗塞や脳梗塞や腎不全などを有する消化器癌の患者様が増えています。 我々はすべての診療科を有する総合病院の強みを生かして、癌専門病院では対応が困難な併存疾患を有する リスクの高い癌手術を年間約100例、その多くを腹腔鏡手術にて安全に、 全国平均よりも有意に低い合併症率(縫合不全率1.0-1.5%程度)にておこなっています。

    外科救急体制の充実

    これまでスタッフ不足でご迷惑をお掛けしていた外科系の救急疾患(虫垂炎や消化管穿孔など)に対する救急対応も 平成29年4月からの外科スタッフ増員により、ようやく切れ目無く24時間365日全てに対応ができるようになりました。 腹部救急疾患が疑われる患者様がいらっし ゃる場合には平日休日に関係なく対応させていただきますのでご連絡ください。

  • 主な対象疾患

    当科では幅広い領域の外科手術を担当しています。年間約400例の手術を行い、 それぞれの専門領域で手術成績の向上を目指すとともに積極的に新しい手術法を取り入れるように努力しています。 平成27年4月からは内視鏡外科学会技術認定医が着任し、胃癌や大腸癌に対するより質の高い腹腔鏡手術を実施しており、 具体的には早期胃癌の全例、結腸直腸癌の約75%に腹腔鏡手術を行っています。 化学療法に関しては、外来化学療法室を活用し、患者様のADLを確保しながら治療を進めています。 これに対して種々の治療でも回復の見込みの少ない高度進行癌や再発癌の患者様に対しては、 多職種協同による緩和療法を中心とした終末期医療にも取り組んでいます。

    消化器外科

    近年の外科治療では、医療の高度化とさらなる低侵襲化が求められており、当院では高度で患者さまに優しい手術、 特に胃癌や大腸癌に対する質の高い腹腔鏡手術を実施しています。具体的には、胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡手術(needle scopic surgeryやreduced port surgeryを含む)や 下部直腸癌に対する肛門温存手術、胆石や虫垂炎に対する単孔式腹腔鏡手術、 消化器内科と外科との共同手術であるLECS (laparoscope endoscope cooperative surgery) を実施しています。 当院では消化器がん手術の全例を日本内視鏡外科学会技術認定医(明石市内では3名が有資格者;兵庫県立がんセンター2名、 明石市立市民病院1名)が執刀・手術指導をおこなっております。 また外科治療においては腹腔鏡手術だけではなく、 高度進行癌に対する拡大手術や併存疾患を有する高リスク症例に対する手術も重要ですので、 術前化学療法を併用した高度進行癌に対する拡大手術 (骨盤内臓全摘術や肝切除術) や 併存疾患を有する超高齢者に対する手術療法も、安全性に配慮しながら、積極的に行っています。 以下に当院外科で行っている消化器疾患の診断・治療について解説いたします。

    胃癌

    胃癌の検査画像

    #上部消化管内視鏡

    #腹部CT検査

    #超音波内視鏡

    胃癌は胃の内側にある粘膜の細胞から生じ、早期の段階では症状があることは少ないですが、癌が大きくなるとみぞおちの痛み、不快感、胸焼けや食欲不振などが生じるようになります。
    また時には癌から出血して貧血になったり、胃が狭窄してしまい食べ物が通過しなくなったりすることがあります。
    癌の罹患率は以前に比べると大きく減少してきていますが、まだまだ死亡数の多い癌です。

    #胃癌の治療選択アルゴリズムの概要

    胃癌の治療は
    1)内視鏡的治療
    2)外科治療(手術)
    3)化学療法
    の3つが大きな柱となります。
    どの治療を行うかは病気の進行度(ステージ)などによって決まります。 推奨される標準的治療が胃癌治療ガイドラインで定められており、他臓器への転移やお腹の中に癌細胞がばら撒かれる 腹膜播種などがなく、内視鏡では取り切れない深さの胃癌では手術が治療のメインになります。 当院ではガイドラインに則りながら過不足のない切除範囲により、十分な治療効果と機能温存の両立を目指して治療を行っております。

    #腹腔鏡下胃切除手術

    #腹腔鏡内視鏡合同手術

    最近では、早期胃癌の場合には傷が小さく体に対する負担(侵襲)の少ない腹腔鏡による胃切除が行われるようになってきています。 腹腔鏡下手術には整容面や手術による侵襲などの面で従来の開腹手術よりメリットがあり、 当院でも腹腔鏡下手術を積極的に取り入れて患者さんの早期社会復帰を目指しております。 近年では早期胃癌のほぼ全例に腹腔鏡下胃切除・胃全摘術を行っています。 また、胃GISTなどに対しては、腹腔鏡と内視鏡の両方を用いて最小限の範囲の胃を切除する腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS) なども行なっており、胃の機能を温存してさらに患者さんへの負担を少なくするように心掛けております。

    進行胃癌の場合には、手術を行った後に再発予防のために補助化学療法を行うことがあります。 また、高度に進行した胃癌では、先に化学療法を行って癌の悪性度を下げて腫瘍を縮小させた後に手術を行うことがあります。 手術だけでなく、他の治療法を組み合わせることにより、治療成績の向上を目指しています。
    癌の治療は手術を受けたら終わりではなく、その後も定期的な検査を受けて再発がないかなどを確認していくことが必要になります。 当院ではかかりつけ医の先生方と緊密な連携を取りながら、患者の皆様が安心して治療を受けていただけるように努めています。

    大腸癌

    #治療アルゴリズムの概要

    大腸癌は近年増加傾向であり、男女とも死亡数が多い癌の一つです。
    早期癌では症状がないことも多いですが、進行癌になると血便、腹痛、便秘、腸閉塞などの症状が出現してきます。
    また、癌が進行するとリンパ節や肝臓・肺などの他の臓器へ転移し広がっていきます。
    治療方法には内視鏡治療や外科的治療・化学療法などがありますが、大腸癌診療ガイドラインにより癌の進行度に応じた 標準的治療が示されており、当院ではこれに準じた治療を行っております。

    #腹腔鏡下手術の風景

    #腹腔鏡下手術の創

    最近、大腸癌の治療は目覚ましい進歩を遂げています。 外科的治療の分野では、侵襲が小さく整容性にも優れている腹腔鏡下手術が普及してきております。
    腹腔鏡下手術には
    1)傷が小さいので術後の痛みが少なく早期から離床がしやすい
    2)腸蠕動の回復が早く、早期に食事摂取を開始できる
    3)傷が小さく目立ちにくく美容面に優れている
    4)カメラで拡大して見えるためより精緻な手術が行える
    などのメリットがあります。
    当院では、個々の患者さんの病状などを検討しながら積極的に腹腔鏡下手術を行ってきました。 近年では、大腸癌の手術のうち約80%を腹腔鏡下手術で行っています。 体に対する負担の少ない腹腔鏡下手術により、早期に退院して社会復帰していただけることを目指しております。

    #大腸ステントの留置処置

    癌が他の臓器へ浸潤している場合や以前に腹部の手術をされている場合には、 従来から行われている開腹手術により安全に確実に治療を行うようにしています。 癌により腸閉塞をきたしている場合には、先に狭窄部に金属ステントを留置して便が通過できるようにし、 その後で精密検査を行い全身状態が安定した後に手術を行うなど、より安全に手術が行えるようにしています。

    早期の大腸癌は手術のみで治りますが、リンパ節転移を伴うような大腸癌では再発や転移のリスクが高くなります。 そのような症例においては、再発を予防するために術後に化学療法を行うことがあります。
    また再発が生じた場合においても、分子標的治療薬や新しい抗癌剤などを用いることにより効率的に癌を制御できるようになってきました。 手術で取りきることが難しいような進行大腸癌でも、外科的治療と化学療法を組み合わせることにより 治療成績の向上を目指しております。
    当院では、各診療科が緊密に連携しながら、皆さんに最新の知見に基づいた治療を 安全・安心して受けていただけるように取り組んでおります。

    胆石症・胆嚢炎・胆嚢ポリープ

    良性の胆嚢疾患に対しては、従来より体の負担の少ない腹腔鏡下胆嚢摘出術を基本としていましたが、 平成29年度からより小さな傷で手術を行う『単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術』を本格的に導入して行っています。 通常の腹腔鏡下胆嚢摘出術では4ヶ所の傷が必要ですが、この手術ではお臍の部分を小さく切開し、 その1ヶ所の傷から腹腔鏡というカメラと鉗子と呼ばれる手術器具を挿入して手術を行います。 補助的な細い鉗子を用いるために右上腹部に2-3mmの傷ができますが、この傷はほとんど痛みはなく傷跡もほとんど残りません。 切開創が1ヶ所で済むため術後の痛みが軽く、また傷が臍に隠れるため美容面でも優れた方法であり、 手術を受けられた患者様には喜んで頂いています。 胆嚢炎で緊急の手術が必要な場合でも、可能な限り傷の少ない手術を行っています。

    従来の腹腔鏡下胆嚢摘出術
    4ヶ所の傷で手術を行います。
    #
    単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術
    お臍の傷から、専用の器具を用いて手術を行います。 術後しばらくすると傷はお臍に隠れるため、ほとんど傷跡が分からなくなります。 右上腹部の傷は2-3mmであり、痛みもわずかで傷跡も目立ちません。
    #

    一般外科

    鼠径ヘルニア

    鼠径ヘルニアは日本で年間約15万人が治療を受けていると言われており、大変ありふれた疾患です。 鼠径ヘルニアは手術以外に根治する方法がなく、当院でも積極的に鼠径ヘルニアの外科治療を行っています。
    当院では現在、従来通りの鼠径部を約4~5cm切開して行う方法(鼠径部切開法)に加えて 『腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(TAPP法)』を導入し、患者様のご希望やヘルニアの状態などに応じて二通りの手術を行っています。 いずれの方法でも人工のメッシュを用いてヘルニア修復を行っており、再発率の低下と痛みの軽減を図っています。 当院で採用しているメッシュは数種類あり、ヘルニアの状態によって最適な種類を使い分けています。
    当院で行っている腹腔鏡手術は3~5mmの小さな傷のみで行う方法であり、術後の痛みがほとんどなく、 早期に社会復帰が可能で患者様に満足して頂いております。お腹の中からヘルニアの状態を正確に診断し、 確実な修復が行えることも腹腔鏡手術の利点です。全ての患者様に腹腔鏡手術が行えるわけではありませんが、 いずれの術式を行うかは患者様のご希望や状態を十分に考慮した上で決定しています。

    #ダイレクトクーグル法

    #メッシュプラグ法

    ・鼠径部切開法 鼠径部を約4~5cm切開して手術を行います。
    補強材にはいくつかの形状があり、ヘルニアの状態によって使い分けています。
    状況により、補強材を使用せずに手術を行う場合もあります。

    #

    ・腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 3ヶ所の小さな傷(3~5mm)で行うため、術後の痛みが軽度です。
    右下写真は術後1週間目のものですが、しばらく経つと傷跡はほとんど分からなくなります。

    #
    お腹の中から十分に観察し、ヘルニアの状態を正確 に診断します。反対側にヘルニアがないかどうかも 観察し、 もしあれば同時に手術を行います。
    #
    腹膜を切開して腹壁から剥がし、剥がしてできたス ペースに人工の補強材(メッシュ)を置き、ずれない ように固定して、ヘルニアの出口を塞ぎます。
    #
    メッシュがお腹の中に出てこないよう、切開した腹膜 を元通りに縫い合わせて手術は終了です。

    腹部救急外科

    これまでスタッフ不足でご迷惑をお掛けしていた外科系の救急疾患(虫垂炎や消化管穿孔など)に対する救急対応も 平成29年4月からの外科スタッフ増員により、24時間365日切れ目なく対応ができるようになりました。 腹部救急疾患が疑われる患者様がいらっしゃる場合には平日休日に関係なく対応させていただきますのでご連絡ください。

    乳線外科

    当院は日本乳腺外科学会の関連施設に認定されており、乳腺専門外来を開き、乳癌、乳腺良性疾患の診断と治療に当たっています。 乳癌に関しては乳房温存手術を積極的に取り入れ、術前、術後の化学療法、内分泌療法、放射線治療など種々の治療法を ガイドラインに沿って組み合わせ、個々の患者様の病状に合わせた治療に取り組んでいます。 また平成29年4月からの形成外科外来開設に伴い、形成外科との合同手術による乳癌術後の乳房再建術も実施可能となったほか、 近年増加している乳癌に対応するために当院では2人目の乳腺外科専門医が着任しました。 これにより乳腺外科外来が週5回となり、より多くの患者様に対応できるものと考えております。

    血管外科

    下肢静脈瘤の硬化療法や手術を外来通院で行っています。 閉塞性動脈性硬化症など末梢血管疾患の診断と治療を京都府立医科大学から応援に来ていただいている 心臓血管外科 神田講師の協力のもと、実施しています。

    呼吸器外科

    自然気胸など肺良性疾患を中心に胸腔鏡下手術を行っています。

    肛門外科

    痔核、痔ろうなどの肛門疾患の診断と治療を行っています。 特に内痔核に対しては、ジオン法を用いた硬化療法や輪ゴム結紮療法などの日帰り手術も行っています。

    診療実績

    平成26ー28年度 主要疾患数と手術件数

    平成26年度 平成27年度 平成28年度
    上部消化管疾患
    胃切除・胃全摘 6例(ラパロ1例) 15例(ラパロ6例) 17例(ラパロ8例)
    LECS 0例 3例(ラパロ3例) 0例
    上部消化管穿孔 1例 1例 1例
    下部消化管疾患
    結腸・直腸切除・切断 28例(ラパロ6例) 58例(ラパロ47例) 70例(ラパロ50例、良性5例含む)
    骨盤内臓全摘術 0例 1例 0例
    虫垂切除 12例 27例(ラパロ12例) 30例(ラパロ20例)
    イレウス解除 5例 10例 8例
    SMA血栓症 0例 1例 1例
    ストマ造設・閉鎖 5例 5例 4例
    肝胆膵疾患
    肝癌・肝切除 4例 4例 5例
    胆石 46例 49例(ラパロ45例) 89例(ラパロ80例)
    胆嚢ポリープ 3例 5例(ラパロ3例) 6例(ラパロ5例)
    膵癌 0例 1例 1例
    胃腸吻合 2例 2例 2例
    脾臓摘出 0例 0例 2例(ラパロ2例)
     
    乳癌 12例 17例 14例
    鼠径ヘルニア 20例 80例(ラパロ7例) 101例(ラパロ20例)
    下肢静脈瘤手術 3例 5例 2例
    シャント手術 30例 33例 34例
     
    全身麻酔 181例 233例 261例
    腰椎麻酔 41例 45例 54例
    局麻手術 99例 82例 86例
  • 地域医療機関の皆さまへ

    当院は地域医療機関との紹介・逆紹介などの連携を最重要と考えています。 当科は地域連携パスを活用しながら地域医療機関の先生と協同での術後フォロー体制を取っています。 地域医療機関におかかりの患者さまで、外科的適応が疑われる場合には、時間帯にかかわらず病院へご連絡ください。 いつでも迅速に対応させていただきます。

  • 外来担当・スタッフ紹介

    スタッフ紹介(外科)

    氏名 役職 専門分野 所属学会・資格など
    阪倉 長平 院長 消化器外科 京都府立医科大学 特任教授
    同志社大学生命医科学部 連携教授
    日本消化器外科学会(評議員)
    日本胃癌学会(評議員)
    日本食道学会(評議員)
    日本肥満治療学会(評議員)
    日本癌治療学会(代議員)
    日本内視鏡外科学会(技術認定医)
    日本外科学会(指導医・専門医)
    日本消化器外科学会(指導医・専門医)
    日本消化器病学会(専門医)
    日本がん治療認定医機構 (暫定教育医・認定医)
    厚生労働省卒後研修指導認定医
    緩和ケア認定医
    藤木 博 副部長
    救急診療科副部長
    消化器外科 日本外科学会(認定医)
    日本消化器外科学会(認定医)
    小泉 範明 医長 消化器外科 日本外科学会(外科専門医)
    日本消化器外科学会(消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医)
    日本消化器病学会(消化器病専門医)
    日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
    TNT研修会 修了
    緩和ケア研修会 修了
    内痔核硬化療法四段階注射法講習会 修了
    有吉 要輔 副医長 消化器外科 外科学会
    消化器外科学会
    消化器病学会
    大腸肛門病学会
    内視鏡外科学会
    検診マンモグラフィー読影認定(B)
    がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会受講
    神田 圭一 非常勤医師
    (血管外科外来担当)
    - 日本外科学会(指導医・専門医)
    日本胸部外科学会(認定医)
    日本血管外科評議員
    日本人工臓器学会評議委員
    恋水 諄源 非常勤医師 形成外科 日本形成外科学会(専門医)
    日本創傷外科学会
    日本熱傷学会
    日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会
    (乳房再建エキスパンダー・インプラント実施責任医師)
    日本生命倫理学会

    スタッフ紹介(一般外科・乳腺外科)

    氏名 役職 専門分野 所属学会・資格など
    中村 憲司 副部長
    救急診療科副部長
    一般外科
    乳腺外科
    日本外科学会(専門医)
    日本透析医学会(透析専門医)
    日本臨床腎移植学会(腎移植専門医)
    安岡 利恵 副部長 一般外科
    乳腺外科
    消化器外科
    日本外科学会(認定医・専門医・指導医)
    日本消化器外科学会(認定医・専門医・指導医)
    日本消化器病学会(専門医)
    がん治療認定医
    消化器がん外科治療認定医
    日本乳癌学会(認定医・専門医)

    外来スケジュール

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    1診
    (初診・予約診)
    阪倉
    - 阪倉
    (午前/予約のみ)
    恋水
    (形成外科)
    阪倉
    (午前/新患院外紹介
    午後/院内紹介)
    2診
    (予約診)
    安岡(午前)
    有吉(午後)
    藤木
    (血管外科)
    安岡
    (乳腺外科)
    小泉
    (初診・予約)
    藤木
    (午前)
    3診
    (予約診)
    中村
    (乳腺外科)
    中村
    (乳腺外科)
    有吉
    (午前)
    中村
    (~午前10時/乳腺外科)
    神田
    (午前11時~/ 血管外科(1週目))
    中村
    (午前/乳腺外来)

    休診・代診情報はこちら

078-581-1013