MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 各診療科のご案内 > 糖尿病内科

#

糖尿病内科

  • #診療内容
  • #主な対象疾患
  • #地域の医療機関の皆様へ
  • #外来担当・スタッフ紹介
  • 診療内容

    当科では、糖尿病の早期発見、早期治療、適切な血糖コントロールによる合併症の予防や進展防止を目指しております。
    合併症のある患者さんでは眼科、腎臓内科、循環器内科、皮膚科、整形外科など関連各科と連携しながら診療しております。

    糖尿病は患者さん自身が主治医となって、医療スタッフと相談しながら療養に取り組んでいただく病気です。

    #

    糖尿病教室

    当院では、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、検査技師による療養指導チームで患者さんと共に血糖コントロール改善を目指しています。
    糖尿病のコントロールや合併症対策のため、あるいは患者さんに糖尿病についてさらに知識や実践を向上させていただくことを目的に、丁寧な外来診療はもとより、 糖尿病教育・治療入院、あるいは糖尿病教室、栄養指導やフットケアといった療養指導を行っております。

    日本糖尿病学会

  • 主な対象疾患

    糖尿病とは?

    糖尿病は「インスリン(血糖値を下げる働きをするホルモン)作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする疾患症候群」です。 ライフスタイルの欧米化により糖尿病が急増しているのは皆さんご存知のことと存じます。 糖尿病患者数は約950万人、糖尿病予備軍も含めると約2,050万人となり、成人の5人に1人は糖尿病患者あるいは予備軍であるとされています。
    適切な治療が行われない場合、高血糖に基づく症状が出ることがあり、高血糖や代謝異常が慢性的に続けば細小血管症(網膜症、腎症、神経障害)や 大血管症(脳卒中、心筋梗塞、狭心症、糖尿病足病変)を起こし、生活の質を低下させます。
    これらの合併症による失明は年間約3,000人、腎不全のために血液透析を始める患者さんは毎年新たに約13,000人を超えています。 しかし、糖尿病の治療で血糖コントロールをきっちり行えば、合併症はほとんど防げることが分かっています。

    #

    糖尿病教育入院 平成27年には当院独自の糖尿病教育入院パンフレット「Re-Boren」を作成し、使用開始しております。「Re-Born」は「生まれ変わる」ことを意味しています。
    教育入院(1~2週間)では「Re-Born」を用いて糖尿病のことを学んでいただき、食事・運動療法の体験、栄養相談、合併症の検査やインスリン分泌能の検査を行います。
    糖尿病患者さんは誰一人として同じ状態の方はいません。 それぞれの患者さんに合った治療や療養指導をチームで話し合い、提案させていただきます。 糖尿病治療の目標は、糖尿病合併症の発症や進行を抑え、健康寿命をまっとうすることです。当院でRe-Bornしてみませんか?

    糖尿病の薬物療法について 糖尿病の薬物療法には、飲み薬と注射があります。1型糖尿病では、生存のためにインスリン注射が必須となります。
    2型糖尿病の場合、食事療法・運動療法共に頑張っているけれど、どうも血糖コントロールが良くならない、といった時には飲み薬やインスリン注射を使います。
    「お薬は最低限で」「自分の力だけでなんとかしたい」と頑張りすぎず、飲み薬の力を借りた方がいい場合には、上手に薬を使っていきましょう。合併症の発症や、悪くなることを防ぎ、毎日元気に過ごすことも大切です。これまでは、毎日の管理が必要な薬ばかりでしたが、病気の状態によっては週1回の注射、週1回の内服薬を使用することができます。
    配合薬といって2種類の薬を1つにまとめた内服薬もあります。
    なかなかうまく血糖コントロールができないな、と感じていたら主治医に相談してみましょう。

    実績

    【平成28年度の教育・治療入院数】88例
    【平成28年度のフットケア症例数】62例
    【糖尿病療養指導士の在職人数】
    日本糖尿病療養指導士(CDEJ)5名、地域糖尿病療養指導士(CDEL)1名

  • 地域の医療機関の皆様へ
    # インスリンポンプとして使用する際のイメージ

    # 持続血糖測定

    当院の教育入院(1~2週間)では合併症の検査やインスリン分泌能の検査を行い、治療方針を決定するだけでなく、当院独自の糖尿病教育入院パンフレット「Re-Born」を用いて糖尿病のことを学んでいただき、食事・運動療法の体験、栄養相談を通して「Re-Born」してもらえるよう心がけております。
    また平成28年にはインスリンポンプ療法導入も対応を始めました。今後は持続血糖測定( CGM)も対応可能となります。血糖変動の激しい症例や1型糖尿病、糖尿病合併妊娠の症例がありましたらご紹介をお願い申し上げます。

  • 外来担当・スタッフ紹介

    スタッフ紹介

    氏名 役職 専門分野 所属学会・資格など
    市田 裕紀子 副部長 糖尿病 日本内科学会(認定医・総合内科専門医)
    日本糖尿病学会(専門医)
    日本内分泌学会
    今藤 寿彦 副医長 糖尿病 日本内科学会(認定医)
    日本糖尿病学会
    日本内分泌学会
    日本老年医学会
    中島 寿樹 非常勤医師 -
    城戸 秀典 非常勤医師 -
    山田 忠明 非常勤医師 -

    外来スケジュール

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    1診
    今藤 市田 - 市田
    (午後)
    中島

    休診・代診情報はこちら

078-581-1013