MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 各診療科のご案内 > 腎臓内科

#

腎臓内科

  • #診療内容
  • #主な対象疾患
  • #地域の医療機関の皆様へ
  • #外来担当・スタッフ紹介
  • 診療内容

    近年、ごく少量の尿蛋白が出ているだけでも、出てない方に比して、心臓病、脳卒中にかかる率が格段に高くなるということがわかってきました。 「尿蛋白陽性などの腎疾患の存在を示す所見」もしくは「腎機能低下」が3か月以上続く病態を慢性腎臓病 (chronic kidney disease: CKD)と定義し、その早期の対策が世界的にも要求されています。
    腎臓内科では様々な段階の腎臓病患者さんに対する精査加療を行っています。 現在、3つのクリニカルパス入院を中心に診療を行っており、その他感染症、薬剤による急性腎障害や電解質・酸塩基異常などの精査にも対応しております。

    慢性透析患者数の推移

    #

    導入患者の主要原疾患の割合推移

    #

    CKDの重症度分類

    #

    #

    ・腎、透析センター 血液透析や各種、血液浄化療法を行っています。
    当院で透析導入となる方のうち、送迎なしで通院できる方の通院透析や、合併症入院の方(他院加療中の方も含む)を中心とした透析医療を行っています(他院で透析されている方の転院の上での通院透析には対応しておりません)。

  • 主な対象疾患

    腎臓内科では、以下のような入院治療を行っています。

    腎生検入院
    (5泊6日)
    頻度の高いIgA腎症から希少疾患まで診断、治療を行っています。
    対象となる方は、腎機能が正常で尿所見異常(尿蛋白、尿潜血)のみ、蓄尿もしくはクレアチニン補正で尿蛋白0.5g以上であることを基準にしています。
    腎臓病の進行抑制には早期の段階での介入が重要であり、当科としても最も力を注いでいます。
    早期の診断、評価でIgA腎症に対する扁摘パルス療法などの予後を改善する治療介入に繋げることが可能となります。
    保存期腎不全教育入院
    (6泊7日)
    腎機能が低下している方に対して腎臓病についての教育、食事療法を中心に行います。
    血圧コントロールが不良、尿蛋白が多い方、また糖尿病性腎症の方等、腎予後が不良であることが予測され、食事療法の効果が期待できる方を中心に入院していただいております。
    腎代替療法導入入院
    (血液(2週間),腹膜(3週間))
    上記「腎生検入院」「保存期腎不全教育入院」で腎疾患の進行抑制、透析導入を少しでも先延ばしにすることを目標としていますが、腎臓の性質上、腎代替療法(透析療法)が必要な方が出てきます。
    腎機能が低下してきた場合、透析療法を検討します。血液透析、腹膜透析は各々、事前に内シャント造設、腹膜透析チューブ留置術を行い、安全に透析導入を行います。
    血液透析に関しましては、平成27年2月に腎・透析センターを開設し、透析ベッドを17床に増床しています。
    透析以外の血液浄化療法にも対応し、地域医療に貢献できるよう体制を整えています。

    治療実績

    腎疾患診療実績 ※( )内は延日数

    平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
    腎生検 42例 18例 29例 24例 29例
    血液透析新規導入 37例 26例 26例 26例 43例
    腹膜透析新規導入 0例 3例 3例 0例 2例
    CHDF 16例
    (59日)
    9例
    (25日)
    14例
    (74日)
    18例
    (70日)
    16例
    (43日)
    CHDF
    (sepxiris使用)
    - - - - 3例
    (20日)
    エンドトキシン
    吸着療法
    6例
    (11日)
    4例
    (5日)
    6例
    (12日
    11例
    (21日)
    6例
    (15日)
    血漿交換 4例
    (16日)
    3例
    (30日)
    1例
    (3日)
    7例
    (27日)
    5例
    (27日)
    ICUでの血液透析 -
    (89日)
    18例
    (65日)
    -
    (61日)
    21例
    (50日)
    22例
    (65日)
    DHP - - - - 1例
    (1日)
    GCAP - - - - 2例
    (17日)
    LDLアフェレーシス - - - - 1例
    (2日)
    DFPP - - - - 1例
    (4日)
    CART - - - - 3例
    (18日)
  • 地域の医療機関の皆様へ

    感染症、薬剤によるAKIや原因不明の腎障害、電解質・酸塩基異常の精査等にも適宜対応いたします。 月~金曜日まで毎日、地域医療枠を設けていますのでご利用いただけましたら幸いです。

  • 外来担当・スタッフ紹介

    スタッフ紹介

    氏名 役職 専門分野 所属学会・資格など
    丹田 修司 副部長
    腎・透析センター長
    腎臓内科 日本腎臓学会(専門医・指導医)
    日本透析医学会(専門医・指導医)
    日本内科学会(認定医・総合内科専門医・指導医)
    迫田 知佳子 医長 腎臓内科 日本内科学会(認定医・総合内科専門医)
    日本腎臓学会(専門医)
    日本透析医学会(専門医)
    西原 孝明 副医長 腎臓内科 日本内科学会(認定医)
    田本 勇太 副医長 腎臓内科 日本内科学会(認定医)
    下村 悠記 専修医 腎臓内科
    城戸 秀典 非常勤医師 腎臓内科

    外来スケジュール

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
    1診
    - - 迫田 田本 西原
    2診
    丹田 城戸
    (13:30~)
    丹田
    (午後)
    - -

    休診・代診情報はこちら

078-581-1013