MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

#

基本理念・基本方針

基本理念

明石市立市民病院は、患者中心の安全で高度な医療を提供し、市民の生命と健康を守り、市民からの信頼に応えます。

明石市立市民病院のシンボルマーク

#

―患者さんから親しまれ、信頼に応える― 「明石市立市民病院」のローマ字の頭文字「A」と、「人」(患者さんと医師)をモチーフにして、医療のこころをやさしさのハートと共に表現しています。
※平成23年7月1日~7月29日に、シンボルマークデザインの募集を行い、合計51作品の応募がありました。
採用作品については、選定委員会の中で審査し、決定しまし た。

基本方針

#

患者の権利を尊重し、信頼関係を重視した医療を実践します。

#

地域の医療機関と連携し、良質で継続性のある医療を行います。

#

急性期病院および二次救急病院としての責務を果します。

#

すべての職員は向上心の維持に努め、親切で優しい対応を心がけます。

#

各部門の研修施設として、次世代の医療専門職を育成します。

#

健全な病院経営に努めます。

患者さんの権利

医療は、患者さんと医療者とがお互いに対等で、信頼し合えることにより、成り立つものであると考えています。明石市立市民病院は、医療のなかでこれらのことを実現するためには、患者さんの権利がしっかりと守られていることが何よりも大切と考えています。 私たちは、以下の患者さんの権利を守り医療を行います。

#

良質な医療を受ける権利個人として尊重され、医療者との信頼関係のもとで良質な医療を公平・平等に受ける権利があります。

#

医療に関する説明を求める権利自分の病気・治療・検査などの内容について、分かりやすい言葉で十分に納得できる説明を求める権利があります。

#

情報の提供を求める権利自分が受けている医療内容を知るため、診療記録等の開示を求める権利があります。

#

自分が受ける医療について自ら決定する権利自分が受ける検査や治療方法などを自分の意思で決定する、あるいは拒否する権利があります。

#

病院を自由に選択し別の医師の意見を求める権利病院を自由に選択する権利があり、また、自分が受けている診断や治療について、別の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

#

個人情報やプライバシーが守られる権利医療にかかる個人情報やプライバシーは、厳正に保護される権利があります。

#

健康教育を受ける権利疾病予防と健康増進を自己責任で行うため、それに必要な健康教育を受ける権利があります。

患者さん=医療者のパートナーシップ

明石市立市民病院は、基本方針のひとつとして「患者さんの権利を尊重し、信頼関係を重視した医療を実践する」ことをあげています。
私たちは良質な医療を行うためには、患者さんと医療者とがお互いに対等で信頼し合える関係を築く事がもっとも大切だと考えています。医療は本来、患者さんと医療者との共同作業であり、医療者が一方的に押し付けたり、患者さんが一方的に要求したりするものではありません。患者さんと医療者がお互いに協力し合い、心の通った満足のいく医療を行う必要があります。このような患者さんと医療者との協調関係をホスピタル・ パートナーシップと呼びます。
私たちはより良いパートナーシップの構築のために以下のような医療の実践を目指します。また同時に、以下のような協力を患者さんにお願いいたします。

私たちの目指す医療

私たちは次のような患者さんの権利を尊重します。
・個人として尊重され、良質な医療を平等に受ける権利
・充分な説明を受け、行われる医療を知る権利
・自分が受ける医療について自ら決定する権利
・病院を自由に選択し別の医師の意見を求める権利
・個人のプライバシーが守られる権利
・健康教育を受ける権利
私たちは「説明と同意」に基づく医療を行います。わかりやすい言葉で十分に説明します。
私たちは適切な医療情報が提供できるよう工夫します。(市民公開講座、ホームページ、広報誌など)
私たちは医療事故防止のために組織的な努力をします。

病院からのお願い

ご自身の健康に関する情報
現在の症状、今までのご病気やけが、家族の方のご病気、アレルギーの有無などをできるだけ正確にお伝えください。
検査や治療、病状についての説明がよく理解できない場合は、十分に納得できるまでお尋ねください。
医療安全管理のため、私たちは医療行為を行う時には患者さんのお名前や生年月日を確認します。
患者さんもお名前の確認にご協力ください。 (リストバンドは入院中、常に身につけておいて下さい。) また検査、注射・点滴、お薬の服用、処置・手術などの内容についても医療者と一緒にご 確認ください。
転倒転落事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、ご遠慮なくお申し出下さい。
医療介護連携課でご家族のかかえる社会問題の相談に応じています
患者さんやご家族のかかえる社会的問題、社会復帰、医療費の負担、施設入所などの問題は、医療介護連携課で相談に応じています。その他、医療サービス全般、 苦情、提案、医療安全に関することなどは、総合案内窓口で対応させていただきますので、お気軽にお申し出下さい。ま た病棟や外来にご意見箱を設けていますので ご利用ください。
他の患者さんの治療に支障をきたさないように病院の規則や職員の指示をお守りください。
職業倫理指針

明石市立市民病院の職員は、医療人としての職責の重大性を認識し、人間の生命、尊厳及び権利を尊重し、病院の基本理念に基づき、地域社会に貢献するよう次の職業倫理を遵守します。

#

医療を受けられる人々の人格を尊重し、優しい心で公平平等に接し、治療内容やその他必要な事項について十分に説明し、信頼を得るように努めます。

#

守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努めます。

#

最新・最良の医療を提供するために生涯学習の精神を保ち、知識と技術の習得に努めます。

#

一社会人として教養を深め、人格を高めるように心がけ、また自らの心身の健康保持と増進に努めます。

#

医療の公共性を重んじ、法規範を遵守します。

#

互いに尊敬し合い、よき協同関係のもとに多職種が協力し医療に尽くします。

臨床倫理指針

明石市立市民病院は、医療を受けられる人々の尊厳及び人権に配慮し、最善の医療を提供するために、次のとおり臨床倫理指針を定めます。

#

患者さんの人権の擁護 ・患者さんの知る権利を尊重し、医療内容やその他必要な事項について、わかりやすい言葉で十分に説明をします。
・患者さんの立場に立った対応を常に心がけ、患者さんとの良好な信頼関係を築くよう努めます。
・患者さんの国籍、人種、宗教、信条、年齢、性別、社会的地位、経済的状況など個人的な事柄にかかわることなく、すべての人々に平等、公平に医療を提供します。
・職業上知り得た患者さんの個人情報を保護し、守秘義務を遵守します。

#

患者さんの自己決定権の尊重 ・治療法の選択に当たっては、患者さんが十分に理解され決定できるよう、情報提供を行います。また、他の医師や医療機関の意見を聞くためのセカンドオピニオンを推奨します。
・私たちは医学的立場から患者さんにとって最善と思われる医療を提示しますが、最終的には自分の意思で選択された治療を行うことを尊重します。また、治療の変更や、中止についても患者さんの選択を尊重します。

#

良質で高度な医療の提供 ・私たちは自治体病院として、地域のニーズにあわせ高度な医療を提供できるよう努めます。
・医学の知識と技術の向上のために教育・研修を継続して行います。
・医療事故を起こさないよう、安全な医療を目指します。
・関係法規、生命倫理に関するガイドラインに従った医療を実践します。

#

倫理委員会での審議 ・生命の尊厳などに関する倫理的問題(安楽死、尊厳死、延命治療など)や医学的臨床研究等の実施に当たっては、倫理委員会で十分審議し、方針を決定します。

078-581-1013