MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来診療スケジュール
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
日本医療マネジメント学会
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報あかし
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成29年度分】
入札結果【平成28年度分】
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ
看護部サイト

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索

#

臨床検査課

臨床検査課について

病院に携わる職種は、医師や看護師をはじめ数多くの技術職がいます。その中で生体内の情報(詳しくは下記の各検査をクリックしてください)を調べているのが臨床検査技師です。業務内容は大きく分けると、人体から採取した材料(血液、尿、組織など)を使って病状を把握する検体検査と、直接患者さんの身体に器具をつけて検査する生理検査があります。

基本方針

「検査データを正確・精密・迅速に」を基本方針に掲げており、みなさまが安心して受診できる医療に貢献します。

臨床検査課の取り組み
  • 臨床検査課では、24時間体制で検査を実施しております。
  • 輸血の安全性や効率化につとめ、感染予防では細菌検査室が医療安全管理室と連携し、院内感染予防活動の拠点となっています。また、チーム医療の一環として糖尿病教室や栄養サポートチームの活動に参加し、他職種のスタッフと協力して診察支援を行っています。
  • 地域医療連携の推進を目的に、生理検査のオープン検査委託を行っています。
  • 検査室内の業務だけでなく耳鼻咽喉科に技師を派遣し、他職種のスタッフと協力した診察支援を行っています。
  • 当院の検査室は、内外部の精度管理(正しく検査が測定できているかを調べること)を行い、正確な臨床検査データの提供に努めております。
  • 臨床検査課では、より信頼性の高い検査を提供していくことや専門性を高めるためにも各種学会の認定資格の取得にも力を入れております。

各種認定資格及び国家資格取得者

超音波検査士

循環器 1人 消化器 1人 婦人科 1人 泌尿器 1人

二級臨床検査士

血液 1人

国際細胞検査士

1人

細胞検査士

5人

糖尿病療養指導士

1人

健康食品管理士

1人

臨床工学技士

1人

ピンクリボンアドバイザー

1人
検体検査部門

生化学検査

#

血液から種々の蛋白質や各種酵素、脂質、糖などを測定することにより、肝臓をはじめとする膵臓、腎臓などの各臓器の異常を早期に見つけることが出来ます。
緊急で検査依頼の場合は、患者さんの採血後40分以内で検査結果の報告をしています。
また、微量蛋白やホルモン、腫瘍マーカー等についても医師より緊急依頼があれば検査結果を依頼後、1時間以内に医師へ報告しています。

血清・輸血検査

#

感染症検査として、HBs抗原・抗体、HCV抗体に代表される肝炎ウィルス検査やRPRテスト、TPHA法といった梅毒検査、その他にHIV検査やHTLV-I抗体検査を行っています。
他には、LEテスト、寒冷凝集反応、マイコプラズマ抗体などの検査も行っています。
また、輸血検査として、血液型判定や交差適合試験、輸血副作用をおこす不規則性抗体などの検出・同定も行っています。
不規則抗体の有無を事前に確認することは、安全な輸血や適合血液の確保や血液型不適合による新生児溶血性疾患の予知と対策に重要な意義をもちます。

血液検査

#
貧血、感染、白血病などを診断するため、血液中の赤血球・白血球・血小板の数を測定しています。
凝固検査は血漿成分の凝固因子などの検査を行い、血栓、止血などの治療に役立てています。

一般検査

#
尿を検査することにより、主に腎臓・尿路系疾患の異常を発見することが出来ます。
また、婦人科や産科領域についても尿中のホルモンを検査することにより治療方針の判断に有用となります。
便を検査することにより、消化管出血の有無を調べることが出来ます。
また、寄生虫の虫卵・虫体の発見により疾患の判断に有用となります。

病理検査

#
患者さんの身体から採取された細胞または組織から標本を作製し、この標本を顕微鏡で観察して、その患者さんの病変を診断しています。
病理検査で診断された病理診断は主治医に伝えられて、患者さんの治療に反映されます。
病理検査には大きく分けて

細胞診
組織診
病理解剖
に区別できます。

1.細胞診

体液(喀痰・尿・腹水・胸水など)から得られた細胞、婦人科領域では子宮から採取された細胞、乳腺・甲状腺では細い針を刺して吸引された細胞を標本作製後染色して悪性細胞や異型細胞がないか顕微鏡で調べます。検査は細胞検査士の資格をもつ技師が担当しています。

2.組織診

胃や大腸の内視鏡検査で病変の一部をつまみとって標本にし、それを顕微鏡で調べて癌かどうかを診断します。
手術で摘出された組織や臓器を肉眼的に観察し病変の大きさや広がりを調べます。病変の一部または全体から標本を作製して顕微鏡で観察し、その病変が癌かどうか、炎症かどうか、病変がどの程度広がっているか、どのような性格のものかなどを調べます。
手術中に採取された病変の一部を20分程度で標本にし、術者に報告して手術方針や手術範囲を決定することもあります(術中迅速診断)。
診断は病理医により行われます。

3.病理解剖

患者さんが亡くなった時、病変がどのようなものであったか、どれくらい広がっていたか、死因や治療効果などについて調べるために病理解剖を行います。ご家族の承諾をいただいた場合にのみ行います。
臨床検査技師は、病理解剖の介助も行っています。

細菌検査

#

感染症を疑う患者さんから採取された材料(尿、喀痰、便、膿など)の中に、感染症の原因となる菌・ウィルスがいるかどうか、またその菌に効く抗菌薬はなんであるかを調べる検査を行っています。
その他、病院内の院内感染管理に役立つ情報を提供したり、薬剤耐性菌の出現にも注意を払っています。

生理検査部門

不整脈、狭心症、心筋梗塞などを調べる心電図検査や呼吸器(肺・気管支など)の働きを調べる肺機能検査、てんかん波の有無や頭蓋内病変による変化をとらえる脳波検査を行っています。 小児から成人までの心臓の異常を調べる心臓エコーや腹部の異常を調べる腹部エコーも行っています。 また、動脈硬化の程度をよく反映する頚動脈エコーやABI、下肢血管の閉塞を見る下肢動・静脈エコー、乳腺・甲状腺等の表在エコーも行っています。

心電図

#
心電図(安静時) 心臓の筋肉が全身に血液を循環させるために拡張と収縮を繰り返すとき、微弱な活動電流が発生します。
その変化を波形として記録し、不整脈・狭心症・心筋梗塞等の診断に役立てます。
検査方法は、両手首、両足首と胸に六ヶ所電極を付けてベッドに寝ていただき、安静にするだけで、痛みもなく数十秒間で終わります。

負荷心電図 心筋虚血は一過性、発作性のことが多く、安静時心電図でタイミング良くその所見を得ることが難しいため、運動負荷をかけることにより心筋虚血を誘発し、その際の心電図の変化を記録します。
当院検査室では、マスター2階段運動負荷法を行っています。
検査方法は、まず安静時心電図を記録し、その後高さ約23cmの凸型の階段昇降を、年齢、性別、体重に応じた回数行い、その前後の心電図の変化をみます。

ホルター心電図 通常病院で行われる安静時心電図は数十秒のため、症状の原因となる心電図変化をタイミング良く記録できるとは限りません。
24時間記録することにより、心電図の変化をうまくとらえやすくなります。
検査方法は、胸に電極と80g程度の小型心電計を貼り付けて帰っていただきます。
普段通りの日常生活を過ごしていただき、機械は翌日外しに来ていただきます。
検査結果は一時間程度で出ます。付けたまま入浴できる機械もありますので、希望の方は申込時にその旨をお伝えください。

肺機能検査

肺の大きさや働き具合、また気道の大きさを調べる検査です。息切れする、呼吸が苦しい、咳や痰が出るなど肺の病気が考えられる時に行います。
また、手術前に麻酔が問題なく行えるかの判断のためにも行います。

血圧脈波検査(ABI・CAVI)

#
ABI:下肢動脈の狭窄や閉塞の程度がわかります。
CAVI:大動脈を含む、心臓から足首までの動脈硬化の程度がわかります(血管年齢も分かります。)。
動脈硬化の評価や血管の狭窄の程度を調べる検査です。
動脈硬化とは血管の弾力性が失われ、硬くなったり血管の壁にコレステロールなどがたまり、血液の流れが悪くなった状態のことです。
動脈硬化が進行すると心臓に大きな負担がかかるため、高血圧、心肥大、心不全などの疾患につながります。また、血管が狭くなったり詰まったりすることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを引き起こします。
高血圧、高血糖、高脂血症の人は注意してください。
検査方法は、ベッドに横になっていただき両腕・両足首4ヵ所の血圧を測定します。同時に心電図、心音も記録します。血圧が高い方は圧が強くかかるため少し圧迫感があることがあります。検査時間は、5分~10分程度です。

神経伝導検査(NCS)

#
神経伝導検査とは、腕や足の末梢神経を電気刺激し、刺激から反応の時間を測定して、神経の刺激伝導の具合(神経伝導速度)を評価します。
神経に何らかの異常があれば、伝導速度は遅くなります。
臨床的には、各種の神経麻痺(肘部管症候群、手根管症候群など)の診断、糖尿病による神経障害、頚椎症と末梢神経障害との鑑別の検査として行われます。
検査時間は項目により45分~1時間半かかります。
電気刺激を加えますので多少違和感や、痛みを伴う場合がありますが、通常後に残ることはありません。

脳波検査

#
脳波検査とは、大脳が常に出している微弱な電気信号を増幅し波形として記録する検査です。
てんかんの診断治療効果、脳障害(脳血管障害、頭部外傷、意識障害、肝性昏睡など)の評価などに必要な検査です。
当院では、エレクトロキャップ(脳波用帽子)を装着してもらいベットに仰向けになり、眼を閉じて検査を始めます。
異常波を誘発させるために眼の開閉、光の点滅刺激、深呼吸などを行います。
検査時間は装着を含め45分前後かかります。

終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)

睡眠時無呼吸症候群の検査です。
「大きなイビキをかく。」、「日中いつも眠い。」、「居眠り運転をよく起こしそうになる。」、「夜間の呼吸停止」、「夜中に何度も目が覚める。」、「起床時の頭痛やだるさ」等の症状がある人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますので、主治医の先生に相談してください。

#
簡易検査 機械を自宅に持って帰って就眠前に装着し、1~2晩検査実施後に機械を返却して頂きます。
装着の仕方は非常に簡単ですが、念のため機械をお渡しする前に実際に装着して頂き疑問点を解消しています。
睡眠中の呼吸や血液中酸素濃度、いびきの状態を測定し、良い眠りが得られているかを検査します。問題がある場合は、下記の精密検査で原因検索を行います。
#
精密検査 入院して行う検査です。多くは2泊3日ですが、1泊2日の場合もあります。
検査機器装着はセンサー類が多いため約1時間かかります。翌朝まで着けて寝ていただき、結果を解析します。
頭、顔、耳、胸、腹、足などにセンサーを付けますが、痛みなどはありません。
睡眠中の呼吸や血液中酸素濃度、いびき、心電図、脳波、顔や足の筋電図などを測定し、睡眠の深さや質なども調べ、症状の原因追究を行います。 以前の検査機器はパソコンとつながっており、装着後はベッドから離れて行動することは出来ませんでしたが、平成25年7月より無線でデータを送ることの出来る装置に変更しましたので、装着後でも行動範囲に制限がなくなりました。

耳鼻科検査

耳鼻咽喉科外来で、聴力検査、ティンパノメトリー(鼓膜検査の一つ)、耳小骨反射(アブミ骨筋反射)、重心動揺検査(めまい等の検査)を行い、難聴やめまいなどの診断に役立てます。

腹部エコー

#
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓や、必要に応じて胃・腸・大動脈・子宮・卵巣・前立腺・膀胱等も観察します。
臓器の形状や大きさ、腫瘍の有無等を検査します。
肝臓では脂肪肝や肝硬変、肝臓癌の有無等がわかります。
胆嚢では胆石や胆嚢ポリープ、急性胆嚢炎がわかります。
技師の合図に従ってもらい、息を吸ったり、吐いたりしながら検査していきます。
検査時間は15分前後です。

胎児エコー

妊娠中の母体、胎児およびその付属器の形態などを調べます。おもに胎児の発育の状態、奇形の有無、胎盤や羊水を観察しています。超音波は胎児や母体に影響がなく、安心して検査を受けていただけます。

心エコー

心臓の大きさ、形状、動き、弁の状態等を調べていきます。
狭心症や心筋梗塞等の虚血性疾患、心筋症、弁膜症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症等の先天性心疾患、川崎病等を調べていきます。
週1回、循環器内科医とエコーカンファレンスを行っています。
また、経食道エコー(医師が行います)の支援も行っています。

小児心エコー

学校の身体検査などで心臓の精査が必要になった場合や、聴診異常があった場合、また川崎病の経過観察などで週に一回(金曜日午後から要予約)小児循環器医師と共に行っています。また、小児循環器医師不在の時は主治医立会いで検査を行っています。

血管エコー

頚動脈エコー 頚動脈はアテローム性動脈硬化の好発部位であり、エコー検査でプラークの有無や性状、血流を調べることにより全身の動脈硬化の程度を把握することができます。

下肢静脈エコー 下肢静脈瘤や深部静脈血栓の有無を調べます。
静脈瘤の位置や逆流の程度を調べることができ、治療法の選択に役立ちます。
静脈血栓症は全身の表在性や深部のどの静脈にも起こりえますが、下腿静脈由来の深部静脈血栓は致命的となりうる肺塞栓を生じる頻度も高く、下肢静脈を検査することは臨床的に重要です。
この他、血管エコーとして腎動脈、上下肢動脈エコーも実施しています。

表在エコー

乳腺エコー 乳腺の状態や腫瘍の有無、リンパ節の腫れがないかを調べます。

甲状腺エコー 甲状腺の大きさや腫瘍の有無、リンパ節の腫れがないかを調べます。

078-581-1013