MENU

病院のご案内
理事長・院長ごあいさつ
基本理念・基本方針
取得認定・指定医療
沿革
病院情報の公表
地域医療支援病院
院内施設のご案内
病院敷地内全面禁煙
外来のご案内
外来担当一覧表
休診・代診情報
当院は全科予約制です
初診時特定療養費について
健康診断のご案内
インフルエンザ予防接種
入退院のご案内
面会についてのご案内
地域包括ケア病棟開設のご案内
救急受診のご案内
お見舞いメール
各診療科のご案内
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病内科
循環器内科
神経内科
消化器内科
心療内科・精神科
小児科
外科
一般外科・乳腺外科
整形外科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
ウロギネセンター
眼科
耳鼻咽喉科
放射線科
麻酔科
病理診断科
リハビリテーション科
救急診療科
健診科
各部門のご案内
臨床検査課
放射線技術課
リハビリテーション課
視能矯正課
薬剤課
栄養管理課
臨床工学課
看護部
「かかりつけ医」を持ちましょう!
医療機関の皆様へ
地域医療連携とは?
開放型病床のご利用手順
予約について
登録医制度について
医療介護連携課の紹介
地域医療連携だより
登録医検索システム
各教室・講座・イベントのご案内
糖尿病教室
市民公開講座
院内コンサート
病院まつり
広報誌ブリッジ
広報誌特集号
メディア出演情報
採用情報
医師
放射線技師
薬剤師
臨床検査技師
臨床工学技士
管理栄養士
視能訓練士
PT OT ST
事務職
医療ソーシャルワーカー
ケアアシスタント他
募集状況一覧
合格者一覧
臨床研修プログラム
初期臨床研修医
後期臨床研修医
病院情報の公表
地方独立行政法人について
関連リンク集
個人情報保護等について
ウェブサイトのプライバシーポリシー
入札情報
入札結果【平成31年度分】
入札結果【平成30年度分】
入札結果【平成29年度分】
看護部サイト
訪問看護ステーション
よくあるご質問
お問い合わせ
交通のご案内
サイトマップ

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

サイト内検索

明石市立市民病院

検索
TOPページ > 各診療科のご案内 > 放射線科 > 機器の紹介

#

機器の紹介

機器の紹介

各診療科の依頼に応じて、各種の画像検査・画像診断、診断装置を利用したインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)を行うための様々な医療機器を完備しています。

一般撮影装置(CR、FPD)

#
#
#
#

一般撮影とは、単純X線撮影(レントゲン)のことで、X線を用いて胸部・腹部・全身の関節や骨などの撮影を行います。
一般撮影装置は、X線発生部と検出部があります。発生部から出たX線は人体を透過し、その後検出部で受けられます。その検出した情報を読み取ることで画像データ(いわゆるレントゲン写真)が出来上がります。
当院では、平成25年から27年にかけてX線発生装置の更新を行い、島津社製RAD speed Proを使用しています。さらに、平成28年より、X線検出部であるFPD(フラットパネルディテクタ)システム(FUJIFILM社製)を導入しました。FPDは、これまでよりも高画質、高感度であり、低被曝での撮影が可能です。さらに、読取時間が大幅に短縮され、短時間で撮影を終えることができます。これまでよりも患者様にやさしい装置となりました。
一般撮影は、他の放射線検査と比べると、比較的簡便に行える検査ですが、目的とする部位を的確に描出するためには、正確な角度・ポジショニングが必要となります。また、金属やプラスチックのボタンなどは写真に写りやすく、診断の妨げになる可能性があります。そのため、検査前に衣服や身につけているアクセサリー等を確認させていただきます。場合によっては更衣をお願いすることがあります。

乳房X線装置

#
#
#

マンモグラフィとは、乳がんをはじめとする乳房の病気を診断する検査法の一つです。
触ってもわからない小さなしこりやしこりをつくらない病変(石灰化)などを映し出すことができるので、乳がんの早期発見にとても有用です。
乳房はやわらかい組織でできているため、専用の装置で撮影します。圧迫板で乳房を片方ずつはさんで一方向もしくは二方向から撮影します。圧迫することで痛みを伴う場合がありますが、乳腺の重なりが少なくなり、乳房の中がよく見えるようになります。また、被ばくを少なくすることもできます。
当院では外科からの検査と明石市の乳がん検診を行っています。
生理前は乳腺が硬くなったり痛みを感じたりするので、検査目的や市の乳がん検診で受診される場合は、乳房が柔らかく張りや痛みがない生理後4~7日目頃をお勧めします。
しこりが触れるなどの症状がある場合には、できるだけ早い受診をお願いします。
撮影は、検診マンモグラフィ撮影認定資格を持った4名の女性技師が担当しています。また、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得し、よりよい画像を提供できるよう精度管理に努めています。
当院の撮影装置はmammorex Pe・ru・ru(東芝社製)を使用しています。
全体に丸みを帯びた形状で圧迫したときの痛みを軽減するような装置です。
マンモグラフィ専用の撮影室で安心して検査を受けていただけます。

X線TV装置(FPD)

当院には平面検出器(FPD)を搭載したX線TV装置が3台あります。
FPDは従来型検出器よりも高解像度、高感度であるため、これまでよりも少ない線量で高画質の画像を得ることができるようになり、検査中の被ばくも大幅に軽減できます。また、経年劣化がほとんど無く長期的な安定運用に適しています。
それに加えて、透視中にX線を出し続ける旧方式の連続X線を用いていた従来の装置からX線を一秒間に数回から十数回、離散的に照射する新方式のパルスX線を用いることが可能な装置であり、連続透視と同等の透視画像の画質を確保しながら大幅な線量低減が可能となり、患者さんはもとより、術者の被ばく低減に貢献することができます。
そして、撮影台は3機種とも低床設計になっており、床上約55cmまで下がり、検査時の乗り降り、車いすやベッドからの移動も安全かつスムーズに行うことができます。

直接変換方式平面検出器(FPD)搭載Cアーム型X線TV装置(東芝社製 Ultimax)

この装置はCアーム型のX線TV装置で、アームを多方向に動かすことができるので主に整形外科系の検査とその他、様々な検査で使用しています。

直接変換方式平面検出器(FPD)搭載Cアーム型X線TV装置(東芝社製 Ultimax)の写真
直接変換方式平面検出器(FPD)搭載Cアーム型X線TV装置(東芝社製 Ultimax)を用いた検査画像

間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(HITACHI社製 Curevista)

この装置は患者さんが乗る寝台を動かすことなく検査を行うことができるので主に内視鏡を併用した消化器内科系の検査で使用しています。

間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(HITACHI社製 Curevista)の写真
間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(HITACHI社製 Curevista)を用いた検査画像

間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(シーメンス社製 Luminos Session)

この装置は上下左右に寝台を大きく可動させることができる構造となっているので主に泌尿器科系と婦人科系の検査で使用しています。

間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(シーメンス社製 Luminos Session)の写真
間接変換方式平面検出器(FPD)搭載X線TV装置(シーメンス社製 Luminos Session)を用いた検査画像

血管造影撮影装置

#

検査室

#

操作室

#

下肢血管造影

#

冠動脈血管造影

#

脳血管3D-DSA

当院のX線血管造影撮影装置(Infinix Celeve-I:東芝製)は、FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載し、高画質な画像を撮影できます。また、様々なアプリケーションも充実しており、3Dイメージや3Dロードマップ(3Dで表示しながら治療支援する機能)、さらに血管造影室内でCTに近い画像を撮影できるLow Contrast Imagingなどの機能も搭載しています。
X線血管造影検査は、カテーテルという細い管を血管の中に入れ、造影剤という薬剤を血管内に流すことによって、普通のX線写真では写らない、頭・心臓・肝臓・下肢など全身の血管の走行、形態、閉塞などを調べる検査を行います。
また、検査だけでなく、心筋梗塞などで狭くなったり、詰まってしまった心臓の血管に対してバルーン(風船)やステントを膨らませその血管を広げる治療や下肢血管の治療、肝臓などの腫瘍を栄養している血管を金属コイルやゼラチンスポンジなどの血流を遮断する物質で止めてしまって腫瘍を壊死させたり、腫瘍にカテーテルを通して薬をながす化学療法などの治療も合わせて行っています。
患者様が安心して検査・治療を受けられますようスタッフ一同努めてまいります。何かご不安なことがございましたらお気軽にスタッフまでお申し付けください。

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)

#

マルチスライスCT(64列)

#

マルチスライスCT(80列)

#

胸部横断像

#

腹部冠状断像

#

腹部造影
(早期動脈相)

#

腹部造影
(早期動脈相)MIP

#

腹部造影
(早期動脈相)MIP

#

冠状動脈CT

#

頚部動脈CT

#

下肢動脈CT

64列(Aquilion64:東芝社製)と80列(AquilionPRIME:東芝社製)の2台のマルチスライスCTが稼動しており、これらを有効に活用し、安全かつ効率的に検査を行っています。短時間に広範囲の撮影が可能で、頭頚部、胸腹部をはじめ、下肢や心臓の血管系など様々な検査に対応しております。冠状断像や矢状断像が容易に再構成でき、症例によっては、ワークステーションを使用して3D画像を作成し、提供しています。
造影剤の使用量や濃度は、検査目的、体重、腎機能等を考慮して、最適な条件になるよう心がけています。
特に80列装置は被ばくの低減と画質の向上に加え、検査時間の短縮や、より良い検査環境を提供できる装置です。
被ばく低減の面では、メーカー独自の画像計算処理により、撮影から画像計算までを管理する、さまざまな被ばく低減技術を搭載しています。
検査時間短縮の面では、1回転0.35秒、寝台移動速度160mm/秒と、広範囲を高速で撮影が出来ます。また画像計算速度も速くなり、検査の効率化が図れています。
検査環境の面では、装置の開口径がこれまでより広く、検査における圧迫感の軽減や、撮影体位の柔軟性が高まり、よりリラックスした状態で検査を受けていただけます。
本装置は、高齢の患者さんから小さいお子さん、救急の患者さん、さらに心臓検査、血管系の検査など幅広く対応できる装置です。2台のマルチスライスCTを有効に活用し、地域医療に貢献できればと考えています。

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)

MRIは大きな磁石電波を用いて、臓器等の状態を画像として記録し、診断を行う検査です。人体の任意方向の断面を撮像し、様々な画像コントラストを得ることにより詳しい情報を得ることができます。

MRI検査について

検査前に問診をし、更衣室で検査用ガウンに着替えていただきます。検査は装置の中央部分のトンネルの中に入って行います。多くの検査はじっと寝ていてもらうだけです(腹部検査では息を止めてもらうことがあります)。必要に応じてMRI用の造影剤を使用することがあります。検査時間は20分から40分程度になります。 音がうるさい検査ですが、寝てしまう方もおられる検査です。安心して受けてください。

注意事項

磁石や電波を使用するため以下の方は、検査を受けることが出来ない場合があります
  • 心臓ペースメーカーや電気刺激装置(人工内耳等)を装着されている方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • 閉所恐怖症など狭いところが苦手な方(トンネルの中に入るため)
  • 手術や事故、怪我、戦争などにより体内に金属片のある方

また、MRI検査室内には金属物は持ち込めません。ロッカーに入れていただきます。
例:腕時計、携帯電話、アクセサリー、ヘアピン、磁気カード・ICカードなど、補聴器、かつら、入れ歯、義肢、義眼、コルセット、カイロ、エレキバン、ハサミ、湿布、カラーコンタクト等
不明な点があればスタッフに確認してください。

3.0T MRI(シーメンス社、MAGNETOM SKYRA)

平成23年から稼動しています。強い磁場のなかで検査することで、強い信号が得られることから詳細な検査ができ、その特徴を生かした撮像技術(非造影MRA,非造影PWI,MRS,DTIなど)によりさまざまな情報を提供できます。 また、検査を受けるときに入っていくトンネルの直径が70cmと一般的なMRI装置よりも10cm広くなっていますので検査中の圧迫感が少なくなっています。

#

3.0T装置

#

頭部MRA(MIP)

#

頭部T2強調画像

他の画像はこちら(PDF形式:1,488KB)

1.5T MRI(シーメンス社、MAGNETOM AVANTO)

1.5Tでは造影剤を使わない体幹部の非造影MRA(MR血管撮影)がきれいに撮れます。腎機能が悪く造影剤が使用できない場合でも下肢動脈や腎動脈の評価が可能です。MRCP(MR胆道膵管撮影)もきれいに撮れます。また認知症の診断のために早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD)も行なっています。

#

1.5T装置

#

膝プロトン強調画像

#

3D MRCP(MIP)

他の画像はこちら(PDF形式:603KB)

検査の運用

1.5Tと3.0Tの2台のMRIでそれぞれの特徴を生かして画像情報を提供しております。また、磁気共鳴専門技師の認定を受けた技師がおり、質の高い検査体制を維持する努力をしています。

RI(Radio Isotope:核医学検査)

#

RI装置

#

脳血流シンチ
(3D-SSP)

#

心筋シンチ

#

骨シンチ

核医学検査は、患者さんに極微量の放射線(ガンマ線)を出す放射性医薬品を投与することが必要です。投与方法は、ほとんどが静脈注射です。
そして、投与された放射性医薬品がしばらくして、目的の臓器や組織に集積した状態を、ガンマ線を検出するガンマカメラという装置で体外から撮影する検査です。
この検査の特徴は、撮影された画像から体内の臓器の位置や形などの情報の他に、CT・MRIなどと異なり、その臓器の血流や働きなどの機能情報を得ることができます。
核医学検査の種類には、主なもので約30種類ほどあります。
頭部領域では脳血流SPECT撮影(CTのような断層撮影)をして、解析ソフトを使用することで脳の血流低下状態により認知症の早期診断や鑑別診断に有用な情報が得られます。
心臓領域では心臓の動きに合わせて心筋SPECT撮影して心臓解析ソフトで処理すると心臓の血流状態の評価に加えて、壁運動などの心機能情報が得られます。
この他、投与する放射性医薬品を変更することによって、骨・腎などの様々な検査をすることができます。検査によっては事前の食事制限や服薬の制限が必要なものがあります。
また、検査の種類により放射性医薬品を投与してから撮影を始めるまでの時間が異なります。5分後程度や3~6時間後の検査、投与から2日後や1週間後に撮影する検査もあります。
撮影中は検査台の上で仰向けになって安静にして、動かずに寝ていてもらいます。
検査にかかる時間は、ほとんどの場合1時間程度で終了しますが、撮影間隔をあけて1日に2~3回撮影が必要な検査もあります。
装置本体はSymbiaE(東芝社製)を使用しています。特長としては、赤外線自動近接機構によりガンマカメラが患者さんに自動的に最接近して撮影可能なので、画質の良い画像が得られます。また、検査台が床上48cmまで下降するので、高齢者や車いすの患者さんでも安全に乗り降りすることができ、患者さんの負担を軽減することができます。
今後もこの装置を有効に活用し、安全に検査を行うように努力していきたいと思います。
※この検査は、放射性医薬品という核医学検査専用の薬を使用しています。放射性医薬品は検査当日だけしか使用することができないため、病院内に保存しておくことができません。そのため検査前日に当日使用分のみを製薬会社に発注しますので、検査を行うには検査予約が必要です。

078-912-2323(代)

TOPPAGE